Up to date:診療看護師 Nurse Practitioner

診療看護師・ナースプラクティショナーに関する情報をまとめます。Twitter→https://twitter.com/bot_japanesenp※記事には間違いがある可能性あります。悪しからず、、、

スポンサーリンク

内科系で使用した書籍

スポンサーリンク

内科実習は終了した。
実習前や実習中に読んでいて良かった本を紹介します。
また、卒後の診療看護師としての研修や配属先に関わらず使用できる本だなーと個人的には思っています。

まずは内科系に回るにあたり予習したのは以下である。

内科レジデントの鉄則 第3版

内科レジデントの鉄則 第3版

聖路加国際病院のスタッフが出している1冊。内容も分かり易くお勧めの参考文献も載っているので非常に為になる。診断や治療だけでなく、病棟管理に必要な輸液や栄養についても載っているのも良いポイント。網羅性は弱いがcommonな疾患はポイントを押さえて書いてある。低ナトリウム血症などは非常に参考になった。

これも有名な書籍である。普段言われているエビデンスってどこから来ているのか?に答えてくれる一冊でもある。丁寧に漫勉なく網羅してあり、レポートを書くに当たり必要な論文もすぐに分かる。

これも診断に当たりフローチャートでまとめてあり分かり易い。また治療法やその文献なども載っているので非常に参考になった。持っておけば頼りになる1冊。

以上が内科で主に使用した書籍である。加えて感染症系の本も持っておく必要がある。それはまた別な所で紹介しようと思っている。
他にもあるけど気が向いたら追加します。

※管理人の主観が多分に入っているため誤っている箇所もあります。 一切の責任は負えませんので、信用できるソースで確認お願いします。