Up to date:診療看護師 Nurse Practitioner

診療看護師・ナースプラクティショナーに関する情報をまとめます。Twitter→https://twitter.com/bot_japanesenp※記事には間違いがある可能性あります。悪しからず、、、

スポンサーリンク

第4回 日本NP学会学術集会・総会:平成30年11月23日(金)、24日(土)

スポンサーリンク

第四回の日本NP学会のお知らせ。

詳細はこちらで確認を。
jsnp2018.jp

開催概要
学会名称 第4回 日本NP学会学術集会・総会
会期 平成30年11月23日(金)、24日(土)
会場 東北文化学園大学 国見キャンパス
大会長 大会長 渡邊隆夫(東北文化学園大学大学院教授)

メインテーマ 地域医療のパラダイム・シフト
診療看護師(NP)の更なる前進へ
f:id:daishirono:20180910185125p:plain
参加費
会員:4,000円
非会員:5,000円
※事前登録者は500円割引

懇親会 3,000円
※事前登録者は500円割引

11/23 ワークショップ参加費 500円(当日申込は1ワークショップ当たり1,000円)
(日本NP学会 北海道・東北ブロック 東北NP研究会開催)

ワークショップのPICCとグラム染色(参加費必要)共に埋まっていた。他のワークショップはまだ空きがあったようなので興味がある方は早めに行動した方が良さそうである。
PICCは参加したかったな、、、。あと関東NP研究会は特定行為研修を受けた看護師(特定看護師)と特定行為+大学院卒である診療看護師を同じセッションで扱っていたので、そこはしっかりと分けて欲しい。両者共通する所はあるが別物なので、、、、(特定看護師を落としているのではなく成り立ちや教育、ミッションが違うので)

違いが分からない方は詳しくはこちらを参考にお願いします。

japanesenursepractitioner.hatenablog.com


追記
いくつか学会情報が更新されていたので貼り付けます。今回の学会は初めて2日間行われる。徐々に診療看護師の規模が大きくなってきている事を実感する。
f:id:daishirono:20181116161935p:plain
f:id:daishirono:20181116161951p:plain


今の所登録されている演題
個人的に気になる演題はSNSでの情報発信の現状、離島医療における診療看護師の活動報告、医師・診療看護師の協働と医師・専修医でのアウトカム指標の比較検討、看護外来開設から現在までの活動状況などである。
f:id:daishirono:20181116162251p:plain
f:id:daishirono:20181116162300p:plain


本学会では託児所があるのもポイント
f:id:daishirono:20181117153555p:plain

また、第3回NP学会と同様に抄録をオンラインで見れるようにして欲しい。認知度を上げるためにはウェブ公開も戦略の一つになりうるし、単に手荷物をiPadだけに減らしたいからである。
ちなみに昨年の第三回NP学会の抄録・プラグラムがまだネット上にあったので興味がある人はダウンロードしてみて下さい。
日本NP学会 第3回学術集会 プログラム・抄録集

NP興味のある方は参加する事をお勧めします。


追記
11月22日にオンライン抄録と日程が更新されたようである。今年も去年と同じく抄録が無料で閲覧できる

http://jsnp2018.jp/program/index.html
興味のある方は参考にされてください。
ざっと見た感じでは今年はNPが介入する事による効果を検証している研究が増えているように感じた。非常に良い傾向のように思う。気が向いたら学会の報告をする。

※管理人の主観が多分に入っているため誤っている箇所もあります。 一切の責任は負えませんので、信用できるソースで確認お願いします。