Up to date:診療看護師 Nurse Practitioner

診療看護師・ナースプラクティショナーに関する情報をまとめます。Twitter→https://twitter.com/bot_japanesenp※記事には間違いがある可能性あります。悪しからず、、、

スポンサーリンク

集中治療・救急領域のおすすめ書籍

スポンサーリンク

今回は集中治療や救急関係の書籍で個人的にお勧めなものを紹介します。

まずはこれ

集中治療,ここだけの話

集中治療,ここだけの話


集中治療,ここだけの話 
著者も有名な先生であり、内容も新しい。そして網羅的で素晴らしい本だと思います。医師や診療看護師だけでなく全ての集中治療に携わるスタッフは通読する本です。値段以上の価値はあります。
基本的なアルゴリズムプロトコルも書かれていますが、現在ICU領域でのcontroversial部分にも触れ、ICUのエキスパートな先生方の考えも載っているので、実践向きな内容だと思いました。

ICUブック 第4版

ICUブック 第4版

ICUブック 第4版
ICU領域の事が網羅的に書いてあります。海外の翻訳版のため、日本ののセッティングと少し違う所もありますがとても参考になります。尊敬する診療看護師の先輩の愛読書。

ICU/CCUの薬の考え方、使い方 ver.2

ICU/CCUの薬の考え方、使い方 ver.2

ICU/CCUの薬の考え方、使い方 ver.2
ICU領域で使用する薬剤の事についてはこちらが非常に参考になります。また薬の事だけでなく、治療や実際の臨床のケースなども記載しているため分かり易い。
しかし、そろそろ内容が古くなってるかなという点はあります。でも、まだまだ基本書としてはおすすめです。


INTENSIVIST
超有名なシリーズです。2017年位から特集が一新され新しいものが出版されてきているようです。ICUの先生も(苦手な領域は)この本を参考に治療方針を検討されていました。特に苦手と感じる領域は通読し持っていてもいいと思う。呼吸器関連は必読でしょう。

ER・救急系

救急診療指針

救急診療指針

救急診療指針
最近新しく出版されたものであり、救急診療に関わる事は網羅されている。救急科専門医試験の参考書になるようで、通読をおすすめします。

内科救急診療指針 2016

内科救急診療指針 2016

内科救急診療指針 2016
日本内科学会が出版している本で、症候別に救急外来での対応がアルゴリズムとして記載されており、非常に分かり易い。JMECCという医師用の内科救急対応コーステキストの様である。
これは持っているとかなり使える実践的な書籍であると考える。

当直医マニュアル2019 第22版

当直医マニュアル2019 第22版

当直医マニュアル2018
小さい本ながらERで出会うであろう疾患については一通り記載されている。ポケットサイズなので持ち運びに便利

救急心電図 ただいま診断中!

救急心電図 ただいま診断中!

循環器専門医にコンサルトするまでの知識が詰まっていると思う。

研修医当直御法度 第6版 ピットフォールとエッセンシャルズ

研修医当直御法度 第6版 ピットフォールとエッセンシャルズ

外来でのピットフォールなど載っており、分かり易い。有名な書籍

外傷初期診療ガイドライン―JATEC

外傷初期診療ガイドライン―JATEC

外傷初期看護ガイドライン―JNTEC

外傷初期看護ガイドライン―JNTEC

外傷ガイドライン JATEC
外傷を見る機会があるなら必読だろう。合わせてJNTECも読むことをお勧めします。この本に付随する動画もかなり参考になる。
JATECやJNTECはそれぞれ実践のコースがあるが、参加しなくても持っておくべきだと考える。

外傷専門診療ガイドライン JETEC―戦略と戦術、そしてチームマネジメント

外傷専門診療ガイドライン JETEC―戦略と戦術、そしてチームマネジメント

外傷専門診療ガイドライン JETEC―戦略と戦術、そしてチームマネジメント
外傷初期対応を終えたその後に治療について書かれた本。

ACLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2015 準拠

ACLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2015 準拠

ACLS
診療看護師の人は必ず購入しコースも必ず受けておきましょう。MUSTです。

改訂第4版日本救急医学会ICLSコースガイドブック

改訂第4版日本救急医学会ICLSコースガイドブック

これは日本版なので参考になるかもしれない。ICLSに関しては施設であったり、団体により指導の方法がかなりバラつきがあるため、気になる方は受けてみてもいいかもしれない。

AMLS: Advanced Medical Life Support: an Assessment-based Approach

AMLS: Advanced Medical Life Support: an Assessment-based Approach

  • 作者: Advanced Medical Life Support Committee of the National Association of Emergency Medical Technicians
  • 出版社/メーカー: Jones & Bartlett Learning
  • 発売日: 2015/11/23
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
AMLS日本語版―観察に基づいたアプローチ

AMLS日本語版―観察に基づいたアプローチ

AMLS 
こちらは海外の内科系救急コースである。海外の救命士は実施できる裁量権や医療行為の範囲は日本に比べかなり広い。限られたセッティングであり、身体所見からの臨床推論に重きをおいているようで、診療看護師には最適なコースである。受講を強くお勧めします。テキストは英語と日本語があります。講義は日本語の書籍ベースでしていたような記憶がある。

Phtls: Prehospital Trauma Life Support

Phtls: Prehospital Trauma Life Support

  • 作者: National Association of Emergency Medical Technicians (Naemt)
  • 出版社/メーカー: Jones & Bartlett Learning
  • 発売日: 2018/10/30
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る

PHTLS
AMLSの外傷版といった感じだろうか。こちらも外傷患者をみる機会があるならコースの受講をおすすめします。JPTEC+アドバンスと言った感じです。テキストは英語のみである。それでも、救命士や医師が多い中、看護師も結構な人数受けている印象である。

FCCSプロバイダーマニュアル 第3版

FCCSプロバイダーマニュアル 第3版

  • 作者: 集中治療医療安全協議会,藤谷茂樹,安宅一晃
  • 出版社/メーカー: メディカルサイエンスインターナショナル
  • 発売日: 2018/08/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

FCCS 
最近テキストが新しくなりましたね。こちらは院内急変や呼吸器管理に重きを置いたコースを実施している。テキストの内容もクリティカルケアを中心に必要な事項を網羅しており、必読かつ強く受講をお勧めする。受講費が高額なのが難点。高得点だとインストラクターのお誘いが来るようである。


以上である。
気が向いたら更新します。

※管理人の主観が多分に入っているため誤っている箇所もあります。 一切の責任は負えませんので、信用できるソースで確認お願いします。