Up to date:診療看護師 Nurse Practitioner

診療看護師・ナースプラクティショナーに関する情報をまとめます。Twitter→https://twitter.com/bot_japanesenp※記事には間違いがある可能性あります。悪しからず、、、

スポンサーリンク

名称不統一の問題:診療看護師・特定看護師・NP・ナースプラクティショナー・JNP・特定ケア看護師など

今回は診療看護師、特定看護師、NP、ナースプラクティショナー、特定ケア看護師、JNPなどの問題に触れていきたい思う。
特に診療看護師に視点を置いて述べていく。

結論から言うと、現段階では絶対に名称を統一をさせなくても良いが、今後は、まず診療看護師や関係者が正しい名称を出来るだけ使う必要があると私は考えている。また診療看護師と特定看護師は区別する努力をすべき。

名称使用の実態と問題

第5回の看護未来塾の中でも問題点として取り上げられていた、特定行為研修を修了した看護師のバラバラな名称の使用問題
こちらの資料を見れば分かり易く把握できる。
資料1:リンク先kangomiraijuku | 第5回勉強会の報告
その資料の一部を引用させていただく
f:id:daishirono:20181117155130p:plain
f:id:daishirono:20181117155156p:plain
f:id:daishirono:20181117164251p:plain

上記のように、私もオンライン上で診療看護師の情報を調べると確かに施設によって名称が違う事は知っていた。
詳しく調べてあり、なかなか鋭い点を抑えた分かり易い良質な資料である(おそらくNP関係に関して私とは正反対の意見をお持ちだと思う)
また、日本NP教育協議会(以下NP協議会)の認定を受けていない看護師が『~診療看護師』と名乗っているページもある。これはNP協議会が商標登録をしていない事が大きな原因の一つだと考えている。

確かにこのような状況では診療看護師は何をする人か分かりにくくなるだろう。
そして、一番の問題はこのバラバラな名称は、利用者や他の医療関係者からもどの様な人達なのか分かりにくいだろう。

認定看護師・専門看護師は看護協会により商標登録されており、色々な施設が同じ認定看護師・専門看護師なのに別々な名称を用いる事は殆どない。
資格認定制度 | 日本看護協会 » 資格認定制度とは
f:id:daishirono:20181117155924p:plain

なぜNP協議会は『診療看護師』を商標登録しなかったのか?

国民にNPを身近な存在として馴染んでいただくためは,NPに関する日本語の名称が必要と考え,Web上の公募等を通して,「診療看護師」とすることにした。なので診療看護師の英訳はNurse practitionerである。

そして、NP協議会は『診療看護師』を商標登録しようとしていたが、ある団体からの反対(ここは皆さんの想像にお任せする)があり,出願を却下するとの連絡が10か月後にあった。(診療看護師(NP)」の名称に至った経緯

さらに資料1
f:id:daishirono:20181117160105p:plain

このような経緯で診療看護師の名称は各施設でばらつきが出ることになったのである。
邪推すると”ある団体”の思惑通りだろう、、、。

適切な名称を用いることも認知度を上げるには重要である。

これまでの内容から診療看護師は名称を適切に用いる必要があるだろう。
しかし、現時点ではナースプラクティショナー制度について看護協会で検討中であり、今後『診療看護師』という名称も新たなに変わる可能性がある事には留意したい。
そのため、NP協議会から認定を受けた診療看護師は出来るだけ『診療看護師』の名称を用いて周知徹底するべきであるが、絶対に用いる必要はないと私は考える(既に定着している名前を変えても、更に混乱する恐れがある。また看護協会の方針によりまた名称が変わる可能性があるため、補足を入れるか努力義務程度が現実的だと思う)。

だが、この制度を利用者や多職種に分かりづらくしている原因の一つが名称の不統一である事は、診療看護師は重々認識するべきであると考えている。

加えて診療看護師を制度化するためには、特定看護師とは区別する努力をするべきだと個人的には考える。両者は共通する所はあるが違うものなので。詳しくは
特定看護師と診療看護師の違い - Up to date:診療看護師 Nurse Practitioner


もちろん特定看護師もそうであるが、現段階で特定看護師も商標登録はされておらず、また特定看護師という名称自体正式ではない。詳しくはこちらを見て下さい。
特定看護師と特定行為 - Up to date:診療看護師 Nurse Practitioner

中国・四国 診療看護師(NP)研究会 平成30年12月15日(土)

中国・四国ブロックの診療看護師による研究会があるよう。
規模的に小さいので半日である。診療看護師の活動や働き方が気になる方は参加をお勧めします。

テーマ:診療看護師としての役割と未来

日 時:平成30年12月15日(土)
      13:00 ~ 18:00 (12:30~ 受付)

場 所:呉医療センター・中国がんセンター 
      4階(外来棟) 地域研修センター第1・2

中国・四国 診療看護師(NP)研究会のご案内|日本NP学会

f:id:daishirono:20181112151224p:plain

看護薬理学カンファレンス 2018 in 福岡

福岡開催の看護薬理学カンファレンスに診療看護師も講演されるようである。
NPコースでも薬理学は看護師よりも詳しく学習する。今回は一般看護師向けの内容だと思うがどのような講演をするかとても気になる。
診療看護師関連の発表内容は
「NPの発展と薬理学の必要性」「NPの臨牀に薬理学を活用する」である。

他にも気になる内容も結構あり、面白そうなカンファレンスである。

日  時:2018年11月17日(土) 9:00~16:20
会  場:九州大学医学部百年講堂
     会場へのアクセス
定  員:500名(先着順)
申込期限:
11月9日(金) 16日(金)まで
延長しました〈事前登録必須〉
参加申込:
以下の「参加申込」よりお申込みください。
参加費 :
3,000円(昼食弁当付)

npc.ssrd.jp


f:id:daishirono:20181112150552p:plain

北海道医療大学大学院 看護福祉学研究科〔NP(ナース・プラクティショナー)〕プライマリ・ケア:診療看護師養成大学院紹介

今回は北海道の診療看護師養成大学院を紹介する。

学校概要

北海道医療大学(ほっかいどういりょうだいがく、英語: Health Sciences University of Hokkaido、公用語表記: 北海道医療大学)は、北海道石狩郡当別町金沢1757に本部を置く日本の私立大学である。1974年に設置された。大学の略称は道医療大,北医療大,医療大,HSUH。
1974年2月に佐々木真太郎が中心となり、当時の北海道知事・堂垣内尚弘が協力して、東日本学園大学として北海道石狩郡当別町に設立された。当初は佐々木の息子糸山英太郎が所有する音別町の土地に学園都市を構想し、雄別炭鉱尺別鉱業所が閉山された事による国から音別町への交付金より一部の支援を受け、音別校舎(教養部)を設置したものの、大学機能の大半が当別町に置かれていたことから、1985年に音別校舎を廃止し当別町へ移転・統合した。
1994年には現行の「北海道医療大学」と改名した。
「保健・医療・福祉の連携と統合」を教育理念とし、薬学部・歯学部・看護福祉学部・心理科学部・リハビリテーション科学部の5学部8学科からなる医療系総合大学として独自のカリキュラムを構成。医学部は設置していないが、近年の医師不足を背景に設置を検討していた。北海道の医師不足から釧路市立病院を提携病院とし、札幌及びその近郊に医学部を設置する計画であったが、肝心の釧路地域の医師不足解消にならないことから計画を変更し、2013年に理学療法士作業療法士を養成するリハビリテーション科学部を設置した。
北海道医療大学 - Wikipedia

受験スケジュール

募集要項 資料1

出願資格

看護師免許を有し3年以上看護職に従事している者と記載あり。募集要項の別な箇所ではNPは5年以上の実務経験を積んだ看護職と記載があるが、大学院2年間の看護師経験も含まれるらしい。ここらへんは混乱を招く恐れがあるため大学側はしっかり整理・告知すべきかも。
専門卒可

f:id:daishirono:20181110133434p:plain
f:id:daishirono:20181110133447p:plain

募集人数

5名

一般入試試験
f:id:daishirono:20181110133509p:plain

NPコースは専門科目(プライマリケア)に加え英語、NP状況設定問題、面接があるようである。
また社会人入試枠もあるようで、認定看護師や論文を書いてたり英検2級を持っていると少し試験科目が減るようである。大卒であれば社会人入試で受験できるようである。
大学院看護福祉学研究科 博士前期(修士)課程 社会人入試:入試情報:北海道医療大学 受験生サイト

学費

f:id:daishirono:20181110133556p:plain
入学金を含め約180-200万円位だと思われる。

f:id:daishirono:20181110133618p:plain

奨学金

不明

教育内容

5年以上の実務経験を積んだ看護職が、看護系の大学院で2年以上の教育を受け、比較的安定した状態にある患者に対して、医師と協働して作成したプロトコール内で診断・治療が提供できる新しい看護の人材です。NPを日本NP協議会では「診療看護師」と呼称しています。我が国では、まだNPに関しての資格や認定制度は存在しませんが、その役割に関して検討が始まっています。
本学では、そのNPの育成を大分県立看護科学大学国際医療福祉大学などに続いて、平成22年度より養成を開始することになりました。

f:id:daishirono:20181110133941p:plain
f:id:daishirono:20181110133949p:plain

資料2
f:id:daishirono:20181110133954p:plain
f:id:daishirono:20181110134002p:plain
※現在はCNSとNPコースは独立しており同時取得は出来ないようである。


プライマリ領域の診療看護師を養成している。
北海道に唯一の診療看護師養成コースであり、そのニーズはかなり高いと考える。

卒業要件

約49~51単位。課題研究あり

診療看護師の求人情報

※適宜更新していきます。追加・削除があればコメントお願いします。

数年前に比べ、ウェブ上での診療看護師の求人情報も多くなってきた印象がある。
このページでは適宜、求人情報をまとめたいと思う。古い情報もあるかもしれないので情報の精度は保証できません。参考程度にお願いします。

使われているか不明だが診療看護師のマッチングサイト
診療看護師マッチングサイト


日本最大の病院組織 国立病院機構はメジャーであろう。全国にあるため各施設に確認を要する。
看護師の処遇について~けっこういいぞNHO~看護師の処遇について~けっこういいぞNHO~ - 国立病院機構
f:id:daishirono:20180319180612p:plain

聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1)
聖マリアンナ医科大学 採用情報|診療看護師・求人情報

東北労災病院  仙台市
診療看護師(NP)の募集について|採用情報|東北労災病院(宮城県仙台市青葉区)

東京ベイ・浦安市川医療センター 浦安市
【診療看護師 正職員・常勤】職員募集要項 | 東京ベイ・浦安市川医療センター

千葉大学医学部附属病院
資料1
医療技術職員|千葉大学医学部附属病院

国際医療福祉大学グループ
救急部門で働く特定看護師を募集しています!|大学案内|国際医療福祉大学

群馬中央病院
NP(診療看護師)の募集について | 群馬中央病院 | 地域医療機能推進機構

湘南藤沢徳洲会病院
診療看護師募集要項 | 湘南藤沢徳洲会病院 看護部求人サイト


とりあえず以上である。
非公開で募集している所も沢山あるため病院に問い合わせてみる事も大事である。
または募集していない病院や施設を開拓する為に自分を売り込む事も必要かもしれない。

日本看護系大学協議会(JANPU)ナースプラクティショナー誕生の経緯とNP協議会との対立

2つある日本のNP教育

実は日本NP教育大学院協議会(NP協議会)は診療看護師≒ナースプラクティショナー(NP)の養成を行っているが【日本NP教育協議会とは?】、この組織とは別にNPの教育を行っている組織が存在する。それが日本看護系大学協議会(通称:JANPU)である
高度実践看護師 CNS・NPコース|日本看護系大学協議会 看護職の方、または看護職を目指す方へ

日本看護系大学協議会は、1975年に発足。主に看護系大学が会員となり、2018年度には会員校が277校の看も護大学の団体である。会員校は国公立、私立大学など多くの看護系大学が所属している。
JANPUとは | 組織の概要 | 一般社団法人 日本看護系大学協議会 JANPU


この団体は高度実践看護師育成のための大学院教育課程を行っている。専門看護師(CNS)の育成はこの団体が主でおこなっており、CNSの認定は看護協会である。

この団体より2015年(平成26年)にNP養成課程が新設されたのである。

NP協議会より遅いNP教育開始と言える。資料1資料2資料3

f:id:daishirono:20180928152937p:plain

JANPUのNP創設の経緯

既にNP教育が開始されているにもかかわらず、JANPUが新たにNP教育を始めた経緯について分かる範囲で経緯を述べていこうと思う。

まず、資料4の中でJANPUの第4期高度実践看護制度推進委員会委員長の特集から
また参考資料としてこちらも提示する:資料5

f:id:daishirono:20180928153215p:plain
f:id:daishirono:20180928153412p:plain


これらの資料からはNP教育を始めたのは諸外国も意識しグローバルスタンダードを目指す事や国(主に厚生労働省)のニーズに合わせたという所だと考えられる。

また、既にNP教育を始めているNP協議会やその診療看護師達についての記載は全く無い事も注目すべき点であろう。まさに日本ではJANPUのみがNP教育を開始させようとしているようにも見える。

恐らくNP協議会の事は無視しているのだろう。ちなみにNP協議会の教育の歴史は以下である。引用 日本におけるNPを巡る10年


f:id:daishirono:20180930055413j:plain



以上の点より、2012年頃からJANPUもNPの必要性を認識した。これは間違いない事実であろう。

また、実際にNPの教育課程は山形大学高度実践看護師教育について|山形大学大学院医学系研究科 看護学専攻沖縄県立看護大学 資料6で行われている。

諸外国のNPをモデルとしながらNP協議会と別のNP教育を始めたのにはどの様な理由や経緯があるのだろうか。
今回、少しだけ経緯が分かる資料があったので見ていくことにする。

主にJANPUサイトからの引用である。
総会 | 看護系大学の情報は日本看護系大学協議会 -JANPU-

平成22年12月1日の特定看護師(仮称)の教育に対する意見書 資料7
f:id:daishirono:20180928153845p:plain

この頃はチーム医療推進会議で看護師の業務拡大について議論されていた時期であり、特定看護師やNPについても議論されていた。

JANPUは特定看護師には明らかに反対であった。しかしこの頃からJANPUも特定行為が出来る看護師の養成を検討し始めたようである。

次に2年後の平成24年度定時社員総会議事録を見ていこう。

f:id:daishirono:20180928154009p:plain
f:id:daishirono:20180928154507p:plain
f:id:daishirono:20180928154726p:plain
f:id:daishirono:20180928164418p:plain
f:id:daishirono:20180928164430p:plain
f:id:daishirono:20180928164447p:plain

憶測ではあるが、この意見者はNP協議会の関係者だと思われる。
当時のJANPUの理事もNPには反対では無く特定行為に反対している様子がうかがえる。

また、意見者は看護師の裁量拡大の為に医師会の強い反対もあり一応の決着として特定行為研修という形で落ち着いた。そして看護側として合意したため、肯定的な意見を大きな看護系組織でもあるJANPUに取り入れてほしかった様に見える。

次年度の平成25年度定時社員総会議事録では前回の話し合いを踏まえNP教育課程が議論された。

f:id:daishirono:20180928164610p:plain
f:id:daishirono:20180928164618p:plain

この時点でNP協議会は既にNP教育を開始しており、NP協議会との話し合いも行われていたはずである。

NP協議会との決別

次年度の平成26年度定時社員総会議事録の資料では完全にJANPU独自のNP養成コースとしてスタートする事になっている。
f:id:daishirono:20180928164704p:plain
f:id:daishirono:20180928164719p:plain
f:id:daishirono:20180928164730p:plain
f:id:daishirono:20180928164739p:plain


この話合いでJANPUのNP養成課程は可決されて、今後NP養成が始まり認定は看護協会に依頼予定という事が決まった。

この話合いまでにNP協議会と決別するような何かがあったのだろう。
ここはもうちょっとお互い話し合っても良かったのではないかと思う。

JANPUのNP養成の迷走

そしてJANPUのNP養成の迷走が、、、

次年度の平成28年度定時社員総会議事録では日本看護協会とNP教育の件で難航している様子が見られる。

f:id:daishirono:20180928164836p:plain

また、NP協議会との話し合いも同時に行う意思もあるようだ。
さらに次年度の平成29年度定時社員総会議事録ではまだNP認定の件で看護協会と合意が得られておらず、自分たちで緊急的にNPを認定する方向性になった。

f:id:daishirono:20180928164948p:plain

平成30年度定時社員総会議事録でも日本看護協会との話し合いに難航しどうにもならない状態である事が分る。

f:id:daishirono:20180928165030p:plain
f:id:daishirono:20180928165040p:plain
f:id:daishirono:20180928165053p:plain

既にNP教育課程を卒業した者がいる状態であり、そのNP養成校は焦るだろう、、、。日本NP協議会会長も発言しているが慎重な話合いは必要だろう。

しかし、JANPUも見切り発車でNPを養成し既に卒業生が出てしまったため、とりあえずNP認定をしなければという段階である。しかし認定して欲しい看護協会とは話合いが3年間かけても難航している。

JANPUナースプラクティショナーの認定は賛成140票、反対130票のかなり接戦で可決された。
この反対票の多さはこの認定制度の不安によるもの等が考えられる。

ちなみに今の山形大学院卒業のNPは特定看護師として活動する様である。
医師不在でも…特定看護師に期待 山形大大学院で2人研修、認定へ意欲|山形新聞

以前は特定行為に反対してきたJANPUだがこの大学院では特定行為の16区分29行為を修了している点も注目すべきであろう。沖縄県立看護大学は特定行為を修了してなさそうであるが、、、。(未確認)

そして国立病院機構系や診療看護師を雇用している所の多くはNP協議会の認定を受けたNPを雇用条件としている所がある。
JANPUのNPは就職の問題が出てくるかもしれない。プライマリであれば在宅等を就職先に選べば問題ないかもしれないが、、、、。

また、JANPUはこのような状態のためNP教育を取りやめたり躊躇する大学院が出て来ている事は、日本のNP発展の妨げとなっており憂慮すべき事態である。

看護界のトップは一体何をしているんだ?
お互い歩みよれば解決できるだろうに、、、教育方針の違い等と言い訳を並べてはいるが、恐らく両者の利権や主導権争いが絡んでいるのだろう。

ちなみに、こちらがJANPUナースプラクティショナー資格認定の実施についての資料である

JANPU-NP認定実施の提案(最終版)

f:id:daishirono:20180928165134p:plain

以上である。

結語

今後、JANPUにより認定されたナースプラクティショナーが生まれるだろう。
JANPUの混乱は特定行為研修を巡っての話し合いの段階からのような気がする。またこのような流れの中でJANPU系列のNP養成校が増える事は難しいと思う。
 
 現在看護協会でJANPU、NP協議会を含めたナースプラクティショナー制度について話し合いの最中である。
ナース・プラクティショナー(仮称)制度の構築 | 日本看護協会

これまでの経緯を踏まえると対立する部分もあるかもしれないが、お互い受容しつつ歩み寄り、同一の認定試験、資格を統一して欲しいと思う。
看護は多様性が大事であり、お互い認めあう事が必要だと思う。

まだ希望がある所は、お互いナースプラクティショナーの存在は必要だと認識しており、話し合う意思がある事である。
早急な解決を望む。

※管理人の主観が多分に入っているため誤っている箇所もあります。 一切の責任は負えませんので、信用できるソースで確認お願いします。